ノット検定

ノット動画を撮影して、
挑戦しよう!

釣りには、いろいろな糸(ライン)の
結び方があります。
糸とルアーなどの結び方、
糸とハリの結び方、糸と糸の結び方……
この結び方のことを「ノット」と呼びます。
まずは、お手本となる動画やイラストで、
しっかりマスターしましょう!
マスターしたら、いよいよ検定に挑戦です。
ノットを組んでいるご自身の動画を撮影して
投稿しましょう。
合格か不合格かの判定
は投稿動画で検定員がチェック!
すべて合格した方には、
認定証を贈呈します!

合格すれば
認定証を贈呈!

オンライン検定認定証

(電子版)

最新の検定

NEW
ノット検定 Part 2

ノット検定第2弾では、基本的な糸と糸の結び方のほか、枝針やウキ止めの結び方など、色々な釣りに役立つノットをご用意しました。
この結びを覚えれば、仕掛けのバリエーションが増やせるので、釣りの幅が広がります。
ぜひマスターして新しい釣りにチャレンジしてみましょう!

お友達もたくさん合格しているよ!

合格者投稿動画

お手本動画(全9項目)

のべ竿のリリアン(竿先のヒモ状の部分)に糸(仕掛け)を結ぶ方法です。糸を切らずに何度でも結んだり、外したりできるので、とても便利です。
ルアーやサルカンなどの金属の輪に糸を結ぶ方法です。慣れてくれば、手元を見なくてもスピーディーに結べるようになります。
ハリ軸にハリスを結ぶ方法です。特に細いハリスに向いています。作業にはちょっとしたコツが必要ですが、それを覚えれば、素早く結べるようになります。利き手と反対の手でハリをつまみ、利き手でハリスを巻き付けたほうが、作業はしやすいでしょう。
ハリ軸にハリスを結ぶ方法で、ハリスが短い場合に使用します。ハリ軸にハリスを巻き付けていくだけですので、覚えやすいのも特徴です。
仕掛けの幹糸に枝針を結ぶときの方法で、スピーディーに結べますし、小型の魚が相手なら強度の心配もありません。
ウキフカセ釣りの仕掛けではウキが上下に移動する「遊動ウキ」を使うのが一般的で、その遊動ウキが一定上、浮き上がらないようにするための結び方です。
PEラインとリーダーを結ぶ方法で、ライトゲームなどで細いライン同士を結ぶときに向いています。初心者でも簡単に結べますし、専用の器具を使えば、よりスピーディーに作業できます。
同じくらいの太さのライン同士を結ぶときに使います。PEラインとリーダーのように性質の異なるライン同士の接続には向きませんので、注意しましょう。
8の字の結びを覚えれば、すぐに手早くできる結び方です。しかも強度も心配ないので、ルアー釣りでは重宝するはずです。

すべてのノット検定

ノット検定 Part 1

ノット検定の第1弾は、8の字結びやクリンチノット、FGノットなど、基本的な9種類のノットです。
これさえ身につければ、釣り場に行っても困ることなし!
しっかりマスターして検定合格を目指しましょう!

合格者投稿動画

ノット検定 Part 2

ノット検定第2弾では、基本的な糸と糸の結び方のほか、枝針やウキ止めの結び方など、色々な釣りに役立つノットをご用意しました。
この結びを覚えれば、仕掛けのバリエーションが増やせるので、釣りの幅が広がります。
ぜひマスターして新しい釣りにチャレンジしてみましょう!

合格者投稿動画

オンライン検定に
参加するなら

こちらも合わせて
登録はいかかですか?

D.Y.F.C会員は小学生から中学生までの
お子さまであれば、誰でも入会可能