ハリの結び方

内掛け結び(ハリスが短い場合)

まずはお手本動画を確認!

内掛け結び(ハリスが短い場合)

ハリ軸にハリスを結ぶ方法で、ハリスが短い場合に使用します。ハリ軸にハリスを巻き付けていくだけですので、覚えやすいのも特徴です。

検定合格へのPOINT

POINT 1

ハリスを必要な長さにカットし、ハリスの先端をチモトから5㎝ほど出した状態でハリ軸にそえてつまむ。さらに、本線の先端をハリから3㎝ほど出してつまんで、大きな輪を作る。

POINT 2

輪の根元をハリと一緒にしっかりつまんだまま、輪のチモト側をつまんで、ハリ軸と一緒にチモトのほうへ巻き付けていく。

POINT 3

巻き付ける回数の目安は4~5回。巻き付けた場所がゆるまないように、つまんでいる指で押さえながら巻くこと。

POINT 4

巻き付けた場所を抑えながら、チモト側の本線をゆっくり引っ張り締め込む。

POINT 5

ほどけない程度にしまったら、本線と端糸をもって左右に強く引っ張り、しっかりと締め込む。

POINT 6

余った不要な端糸を切って完成。

合格すれば
認定証を贈呈!

オンライン検定認定証

(電子版)

オンライン検定に
参加するなら

こちらも合わせて
登録はいかかですか?

D.Y.F.C会員は小学生から中学生までの
お子さまであれば、誰でも入会可能